葬儀前後にお墓購入時期を決めた後の建立までの作業

葬儀前後お墓購入時期を決めた上で、業者選びの目途が立てばそれで終わりではありません。お墓建立には相応の費用と期間を要しますから、より納得の出来る形で完成へと繋げたいところです。その際のポイントを紹介します。

お墓の建立にあたり、天候の影響を受けて崩れたりなどのトラブルが生じます。お墓購入時期に合わせてのアフターフォローや保証が明確な業者は一つの判断材料です。たとえば葬儀の前にお墓を建ててから時間が経っても安心して、対応してもらえます。保証期間が長いだけではなく、予め契約する前に保証内容を確認しておくことがおすすめです。

墓石の種類選びも長期間使用するにはポイントとなります。石の種類は国産・外国製を含めて300種類以上あります。もちろん、購入前に初めて見るものも多く、耐久性などわからないことも多いです。予算と相談した上での石選びをすると良いでしょう。一方、材質によっては採れる量が少なく、お墓購入時期のプランから遅れが生じることもありますから、ある程度の妥協点は必要です。その上で、業者と相談してから建立に繋げてください。

その他としては、見積書が明確であるか否かは確認ポイントです。近年では、3Dなどの立体画像を使って完成までのデザインを提供している業者もあります。説明が明確なところだと安心です。業者に見積もりに行く際には、一人よりも親族の誰かと行くと良いでしょう。お墓購入時期を決めても、業者と契約するまでが一つの作業です。納得のいく業者選びをすることで、長期間使用できることに繋がります。